ガスの基礎知識

ガスを正しく使いましょう

こんな使い方は大変危険!
※ご注意
ガステーブルコンロ
揚げものをしているときやグリルを使用しているときは、その場から離れないことが大事です。来客や電話などでその場から離れるときには、必ず火を止めてください。また、使用中にコンロの火が着衣に着火しないようご注意ください。
小型湯沸器
小型湯沸器の長時間連続使用は不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となり、大変危険です。絶対におやめください。
ガス暖房機器
ガスストーブやガスファンヒーターの付近には、スプレー缶や衣類など燃えやすい物は置かないでください。小さなお子さまがいるご家庭ではやけどなどにご注意ください。
衣類乾燥機
ご使用前に衣類をお確かめ下さい。 油分の付着した衣類は、洗濯後でも油が完全に落ちていない場合があります。油の酸化発熱により自然発火する恐れがありますので、ポリプロピレン繊維製の衣類や下記の油分が付着した衣類は洗濯後でも絶対に乾燥機で乾燥させないでください。
油分が付着した衣類は 乾燥させない ・美容オイル(ボディオイル、エステ系のオイルなど) ・食用油、機械油、動物系油 ・ドライクリーニング油、ベンジン、シンナー ・ガソリン、樹脂(セルロース系)
※ご注意・・・ 波板などで囲わないでください
 屋外に設置されたガス機器を増改築により、屋内化したり、波板などで囲うことは大変危険です。
※ご注意・・・工事中はガス機器を使わないでください
増改築工事などで排気筒を取り外したり、塗装工事などで給排気設備をビニールシートなどで覆った場合は、ガス機器を使用しないでください。
新鮮な空気が不足し、不完全燃焼による一酸化炭素(CO)中毒や、 ガス機器の故障の原因となります。

ページトップへ

こんな使い方は大変危険!
※ご注意・・・屋内にガス風呂がま・湯沸器などを設置するときには
◆法令により適正な給排気設備の設置が義務づけられています。
◆給排気設備に不備があると一酸化炭素(CO)中毒を引き起こす恐れがあります。
◆工事は国で定められた資格が必要です。
◆屋内には屋内用のガス機器を設置してください。
◆加工後、正しく設置されたことを表示したラベルが貼付されていることをご確認ください。(小型湯沸器を除く)
※ご注意・・・ガス機器の排気口や周辺に可燃物を放置すると火災の恐れがあります。
◆ガス機器は取扱説明書の記載に従い、周囲との遠隔距離を正しくとってください。
※ご注意・・・機器および給排気口の上方に窓がある場合、使用中は閉めてください
◆屋外で給気と排気を行う、これらのタイプのガス機器でも、窓や換気口などの建物開口部から排気が室内に流入し、不快な臭いがしたり気分が悪くなる恐れがありますので、ガス機器使用中は、付近の窓を必ず閉めてください。
※ご注意・・・特殊な機器を使用するときには
◆圧縮ガスなど(酸素・空気など)を併用するときは、ガス事業者に連絡してください。
※ご注意・・・金網ストーブをお持ちのお客さまへ
◆赤熱面(金網部分)に変形や、やぶれなどの異常がある場合は、不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となる恐れがあります。
◆不完全燃焼防止装置付のガスヒーターなどへお取り替えください。
◆暖房シーズン前に点検をおすすめします。

ページトップへ

ガス機器はガスの種類と合うものを

無題

ページトップへ

 

おすすめリンク

Copyright(c) 2013 野田ガス株式会社 All Rights Reserved.