沿革

1960 (昭和35年) 7月 野田ガス株式会社設立 初代社長 戸邉 織太郎 資本金3,000万円
10月 ガス事業許可 供給区域(野田市一円)
1961 (昭和36年) 3月 一般ガス事業供給開始(ブタンエアーガス7,000kcal) 顧客数807戸
1962 (昭和37年) 4月 資本金5,000万円に増資
1964 (昭和39年) 2月 LPガス充填・販売開始
1965 (昭和40年) 6月 顧客数2,500戸
1966 (昭和41年) 1月 月間販売量100千m3超える
11月 第1回ガス展開催
1967 (昭和42年) 3月 高圧ガス販売営業許可
4月 オートガススタンドを開設
1972 (昭和47年) 12月 第二工場完成稼動
1974 (昭和49年) 12月 本支管導管延長100km超える 顧客数5,000戸突破
1976 (昭和51年) 8月 第2代社長に中村 辰之助就任
1982 (昭和57年) 9月 流山市の一部を供給区域増加として認可される
1983 (昭和58年) 11月 顧客数10,000戸突破
1989 (平成元年) 1月 本社ビル新築落成
11月 本社・第二工場間、中圧輸送幹線連結完成
12月 年間販売量10,000千m3突破
1993 (平成5年) 3月 第3代社長に青木 好雄就任
1995 (平成7年) 1月 顧客数15,000戸突破
3月 第4代社長に青木 久治就任
1996 (平成8年) 5月 ガス料金を複数2部料金制度に変更 原料費調整制度導入
1997 (平成9年) 3月 マッピングシステム導入
2000 (平成12年) 5月 熱量変更作業開始
9月 熱量変更作業完了(P13Aに) 顧客数16,000戸突破
2002 (平成14年) 9月 第5代社長に髙梨 昇一郎就任
2004 (平成16年) 9月 顧客数18,000戸突破
2006 (平成18年) 9月 顧客数19,000戸突破
2007 (平成19年) 8月 天然ガス(N-13A)導入開始
9月 第二工場廃止に伴い、解体始まる
12月 本社工場・第二工場、製造設備撤去及び整地完了 顧客数19,600戸突破
2008 (平成20年) 1月 天然ガス導入に伴い、ガス料金値下実施(4.03%) 選択約款(ゆかだん・エコウィル)新設 託送供給約款届出
2009 (平成21年) 1月 ガス料金値下実施(0.53%)
3月 第6代社長に今成英明就任 ISO14001認証取得
2010 (平成22年) 3月 顧客数20,000戸突破
2011 (平成23年) 1月 CTI・マッピングシステム「見えTEL君」導入
2012 (平成24年) 6月 ガス料金値下実施(1.10%)
10月 ショールーム開店
12月 料理教室開催
2013 (平成25年) 3月 第7代社長に茂木佐平治就任
11月 野田ガスビジョン2020策定
Copyright(c) 2013 野田ガス株式会社 All Rights Reserved.